転職

【転職時期の見極め】後悔しないタイミングを見極めろ!

tensyoku.haruhiko-yesterday-blog.com

「転職をしたい」と考えている方の殆どが、現状の仕事に不満があり、それを解消するために転職を検討しているのだと思います。

しかし、転職には最適な時期があります。

その時の思いつきで転職を決めてしまうと、後々後悔することになりかねません。

どのような時期に転職を決めればよいか、転職に具体的なタイミングについて解説します。

この記事を読んでわかること

・転職に最適なタイミングがわかる

転職の時期の見極めは3パターンある

転職時期の見極めは、下記3パターンあります。

「年齢」
「勤続年数」
「1年のうちの時期」です。

ただ、この3パターンに当てはまらないものもあります。それぞれ具体的に説明します。



転職に最適な年齢

やはり転職を有利に進めようと思うのであれば、若い時の方が良いでしょう。

企業側はできるだけ長い期間働いてほしいので、残りの勤続年数が長い、若い人材を採用し育成したいと考える場合が多いです。

もちろん40代であってもまだ転職のチャンスは十分にあるのですが

若い頃と同じような転職活動を行っていると、なかなか内定をもらうのは難しいでしょう。

20代〜30代前半の転職の特徴

20代〜30代前半の方の場合、未経験でも採用したいという企業が多い溜め、経験したことのない職種も含めたくさんある選択肢の中から転職先を選ぶことができます。

そのため、積極的に自分がやってみたい業種や職種の面接を受けてみるといいでしょう。

30代後半〜40代の転職の特徴

30代後半〜40代の転職の場合、ある程度キャリアやマネジメント能力が求められます。

この年代の方は転職してすぐに即戦力として活躍できると評価される人はよりスムーズに転職できますし、これまでよりも高い収入を獲得できます。

今までの経験の中で自分がやってきたこととその企業を志望する動機を明確にして転職活動に挑むと成功率を上げることができるでしょう。

転職に最適な勤続年数

転職をする際、勤続年数が3年以上あるかどうかで印象は変わります。

3年未満であれば、「すぐに仕事を辞めてしまう人なのかな?」という印象を抱かれやすいですが、3年以上勤続年数があれば、ある程度経験を重ねてすぐ戦力になってくれる人材だと評価される傾向にあります。

勤続年数3年未満の方の転職活動

勤続年数が3年未満の方の場合、前職を辞めた理由を合理的にしっかり伝えられるかが採用率に影響します。

また、前職の不満を発言してしまうと、悪い印象になりますので、前向きな意見を述べるようにしましょう。

未経験業種への転職を経験している場合、社会人経験3年未満の方が有利になります。

企業は一般的に社会人3年目までを第二新卒と捉えている溜め、その枠で挑戦すれば採用されやすくなります。

勤続年数3年以上の方の転職活動

勤続年数3年以上の方は、同じ業種や職種の企業からのニーズが高いです。

中途採用の場合、やはり即戦力となってくれる方を採用したいと企業は考えるため、スムーズに転職を行うことができるでしょう。

全く違う業種に転職したいと考えている方は、なぜその職種に就きたいと思ったのか、前職での経験をどのように活かすのかを面接の場でしっかりと伝えるようにしましょう。

年間行事で見る転職に最適な時期

実は1年間の中で、転職に最適な時期があります。

よりスムーズに転職を行うために、しっかりとタイミングを見極めて転職時期を決めましょう。

ボーナスを貰ってから

転職を行う方の中には、ボーナスを貰ってから辞めるという方がかなり多くいます。

やはり転職するとなると、少しでも資金の余裕がある方が心にゆとりを持って行動することができるので、ボーナスを貰ってから転職を行うといいでしょう。

ただ、企業によっては、ボーナス前に転職の意思pを伝えてしまうと、満額ボーナスを貰えない場合もあるので、時期が来るまでは転職の意思を伝えない方が無難です。

はるいえ

ボーナスを貰ってから辞めても、別にずるくないぞ!

気にせず転職しちゃおう!(*´∀`*)

決算期は避ける

企業の決算期は、会社全体がバタバタしています。

そのため、忙しい時期に抜けるということを伝えてしまうと、「今はダメだ」などど引き止められ、スムーズに転職ができなくなる可能性があります。

また、お世話になった企業との間にわだかまりができるので、決算期は避けて伝える方が無難です。

求人が多い時期

求人情報は、【2〜3月と9月】に多く出る傾向があります。

そのため、その時期に転職活動を始め、【3〜4月・10〜11月頃】に次の企業に転職できるよう動けば、求人情報が多い時期に自分に合った企業を見つけることができます。

この時期以外は、求人数が少ないので注意しましょう。

はるいえ

2〜3月か9月に始めよう!

3〜4月・10〜11月から働き始められるように転職活動をしよう!

新規採用者が入社してきた時

通常の企業の場合、誰かが辞めても業務が回らず倒産してしまうことはありません。

ただ、人手不足の企業の場合、辞めた人の分を誰かが補わないといけなくなると、かなり負荷がかかってしまいます。

そのため、新しく採用された人が入社してきた後にやめれば、あなたの分の仕事を補ってくれる人がいるので、企業に負荷がかからずスムーズに退職することができるでしょう。

内定がもらえた時

転職活動をしている方の場合、次の転職先が決まった時が辞めるタイミングです。

次が決まっていないのに辞めてしまうと、収入がない期間があるので、冷静に転職活動をすることができなくなってしまう溜め、できれば在職中に転職活動をすることをおすすめします。

tensyoku.haruhiko-yesterday-blog.com
転職をするのはいつがいい?働きながら転職活動をするメリットとやっておくべきこと転職活動をするタイミングはいつがいい?できれば働きながら行うことができればベストです。しかし、どうしても無理な場合は早めに退職してしまい転職に集中しましょう。そのために貯蓄は必要です。...

どうしても辞めたい場合は辞める

転職に最適な時期は様々ありますが、どうしても今の企業が嫌で耐えられないと感じるのであれば、無理をせずに辞めるという選択も必要になります。

我慢をして体調を崩したり、精神的なバランスが崩れてしまうと、次の就職先を探したいと思ってもなかなか行動することができなくなってしまいます。

そうならないよう、自分自身の気持ちを大切にすることが重要です。

自分自身と相談し、限界を迎えてしまう前に決断するようにしましょう。



退職代行サービスのNEXT(まずはクリックして相談!)

はるいえ

退職さえもつらい場合は、

【退職代行】を利用すればOKだぜ!!

まとめ

転職をするのに最適な時期に動き出せば、より有利な形で転職活動を進めることができます。

今よりも自分の希望に合った企業に就職したいと考えている方は、ぜひ転職時期を考えて行動してください!

その時の思いつきや感情だけで行動してしまうと、後悔してしまうこともあるので注意が必要です。

ただ、どうしても精神的につらいときや企業が倒産しそうな場合は、タイミングを図らずに決断することも大事ですので、覚えておきましょう。

はるいえ

みんなの転職を応援しているよ!!(๑•̀ㅂ•́)و✧

ABOUT ME
はるいえ
小規模フリーランスによる【転職/退職専門ブログ】 転職や退職に役立つ記事と、心を保つメンタル記事を書いてます。 stand.fmにてラジオ配信中! 仕事がつらいときの転職方法、心の持ち方などを共有し、明日につなげるブログです。
関連記事